東北弁のカメダ

どうも、しろまつです。

久しぶりに映画の話をしますよ。
珍しく時代劇じゃないんですよ。
まぁ昔の邦画であることに変わりはありませんが。

昭和49年の「砂の器(松竹)」見ました。
いやー、本当に良い映画でした。
二時間半弱という長さを全くと言っていいほど感じませんでした。
以前ドラマでやってたやつも見たことあったし、原作も読んでいたので、話の大筋は知っていたのですが、それでもこう、薄皮をぺりぺりと剥がしていくように事件の糸口が少しずつ見えてくるのには、実際すごく引き込まれますね。
原作は文庫本上下巻と、結構長めなんですが、脚本の巧みさゆえか中だるみを感じることもなく、前述の通り少しずつ事件が解明していく展開の小気味の良さに、一気に見通すことができました。
クライマックスの、事件の謎解きと、天才音楽家のコンサート、過去の回想が同時に進行していくのは、コンサートのシーンで演奏されている、この作品のメインテーマである曲の力を最大限に引き出していますね。
そういった意味でも、この作品は実に映像化向きだと思います。小説じゃあどうしても「音楽」という設定を100%活かすのは難しいし。

役者に目を向けると、丹波哲郎、加藤剛、緒形拳など、個人的には時代劇方面で馴染みの深い面々で、特に加藤剛なんて本当に昔からあの顔のまんまで、そのまま素直に年を重ねて現在に至るという感じでした。
あぁ、あとモリケン。森田健作。現千葉県知事の若い姿。実に熱血キャラの似合いそうな印象でしたね。


晩飯の時間に父母と一緒に見てたんだけど、見終わった後に「良い映画をありがとう」ってお礼言われちゃった。
俺、自分が興味あって買ってきただけなんだが、まぁいいや。好評だったということで。
プロフィール

しろまつ

Author:しろまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR