東北弁のカメダ

どうも、しろまつです。

久しぶりに映画の話をしますよ。
珍しく時代劇じゃないんですよ。
まぁ昔の邦画であることに変わりはありませんが。

昭和49年の「砂の器(松竹)」見ました。
いやー、本当に良い映画でした。
二時間半弱という長さを全くと言っていいほど感じませんでした。
以前ドラマでやってたやつも見たことあったし、原作も読んでいたので、話の大筋は知っていたのですが、それでもこう、薄皮をぺりぺりと剥がしていくように事件の糸口が少しずつ見えてくるのには、実際すごく引き込まれますね。
原作は文庫本上下巻と、結構長めなんですが、脚本の巧みさゆえか中だるみを感じることもなく、前述の通り少しずつ事件が解明していく展開の小気味の良さに、一気に見通すことができました。
クライマックスの、事件の謎解きと、天才音楽家のコンサート、過去の回想が同時に進行していくのは、コンサートのシーンで演奏されている、この作品のメインテーマである曲の力を最大限に引き出していますね。
そういった意味でも、この作品は実に映像化向きだと思います。小説じゃあどうしても「音楽」という設定を100%活かすのは難しいし。

役者に目を向けると、丹波哲郎、加藤剛、緒形拳など、個人的には時代劇方面で馴染みの深い面々で、特に加藤剛なんて本当に昔からあの顔のまんまで、そのまま素直に年を重ねて現在に至るという感じでした。
あぁ、あとモリケン。森田健作。現千葉県知事の若い姿。実に熱血キャラの似合いそうな印象でしたね。


晩飯の時間に父母と一緒に見てたんだけど、見終わった後に「良い映画をありがとう」ってお礼言われちゃった。
俺、自分が興味あって買ってきただけなんだが、まぁいいや。好評だったということで。

しっかりしているようで実はポンコツ

そういうのに弱いです。
どうも、しろまつです。

最近ドラクエⅣのミネアさんが好きです。
rakugaki014.jpg
何だか描けたのでとりあえず上げときます。

当分はNWOBHM漬けになるだろうな

どうも、しろまつです。
中学時代から使ってきたシャーペン、かなりムチャな状態で使い続けてきましたが、ようやく正式にお休みさせてあげることができそうです。
やたら高い製図用のとか、普通のシャーペンを自分で改造したりとか、色々トライ&エラーして新しくメインで使うシャーペンを模索しながら、結局昔から使っているやつに戻ったりしてましたが、先日手に入れた一本のお陰で、その試行錯誤もようやく終わりそうです。
まぁ結局、今まで使ってたやつの現行モデルという形で落ち着いたのですがね。


ここの所やたらとラーメンづいてます。
木曜には縁乃さんとしのづきさんを拉致して僕の地元でうどんとラーメン食べ、昨日は昨日で地元の仲間と都内のラーメン屋を三軒ハシゴするという若干ムチャ目なマネをしてきました。
もっとも昨日のことはずっと以前から計画していたことではあったのですがね。

あぁ、今日は主に姪っ子の相手をして過ごしていました。


昨日の主旨はラーメンではあったのですが、それプラス「都内の中古CDショップを回ろう」というもうひとつの目的もあり、それにかこつけて久しぶりにCDドカ買いしてきました。
じつに7枚。内2枚は新譜なのでフトコロにそこそこに大打撃。
買った当初は8枚かと思ってたんだけど、よく見てみたら1枚はDVDだったでござる。
まぁいいや。ディープ・パープルの「カリフォルニア・ジャム」の映像は元々欲しかったし。
1stが中古で¥400だったので、お試し気分で神聖かまってちゃんを買ってみました。
知ってる曲といえば「電波女と青春男」の曲だけだったし、アルパムタイトルとか曲名をみて、興味もわきつつ正直かなりおっかなびっくりだったのですが、実際聴いてみたら割と悪くない感じでした。
地元の仲間曰く「かなり賛否がわかれるバンド」という話で、実際それはすごく感じるので、誰彼構わず人にすすめられるものではありませんが。

御茶ノ水だったので、ついでにピックも大量に購入。
どういうわけか僕の使ってるピックが、千葉あたりの楽器屋さんだと最近見かけなくなってきたんですよねー。
隣町の楽器屋さんは最近行ってないけど、扱っててくれたら助かるなぁ。


若干レスが遅れがちながら、コメントありがとうございます!拍手レスです。
>もし、もしですが万が一レンタルギターがVの字変形だったらうがいするような声でデスメタるんですか?
V型というだけであれば、まだマイケル・シェンカーの真似をしたり、出てくるフレーズがメタルよりになったりするくらいで済みますね。
そのV字の先端が尖っている場合だとご指摘のようなことになる可能性は否めません…。

70年代かと思ったら60年代だったでござるの巻

どうも、しろまつです。

久しぶりにスタジオでセッションしてきました。
以前一緒にバンドやってたドラマーのナミキさんと。実はナミキさんと会うのも久しぶり。一年ぶりくらいか…?
ドラムとギターだけのセッションでしたが、やる楽曲も決まっていないというか、そもそも「その場でアドリブで作る」くらいの勢いで臨んだので、コード進行も何も決まっていることがない以上、ベースにきてもらってもやってもらうことがないので…。

ドラムがあると一気に曲らしくなるんで、アドリブで曲作ろうと思ったらギター一本よりも余程ヴィジョンが見えやすくなるのです。
と言うかまぁ、言ってみればドラム次第で曲のシルエットは決まってくるし。


で、やってみた結果ですが、
出てくるフレーズが見事にブルースロックばかりでした。
もうちょっとメタリックになるかと思ってたんだけど。
しかも、ブルースロックから発展した70年代ハードロック系になるんならむしろ望むところだったんだけど、そこまで行かなかったからなぁ。
どうも、その手前の60年代後半あたり、サイケデリックロックとかの頃の感じのフレーズばっかり出てきた…。
うーん、ファズとワウを持っていったらもっと面白かったかもしれない。
演ってる自分たちはかなり楽しかったけど、こりゃライブとかで一般の人に聴かせてもウケはしないだろうなぁ…。

今回、自分のギターを持って行かずにスタジオのレンタルギターを使ったのですが、それが普段僕が使っているものよりもブルース系向きなものだったから、無意識のうちにその辺に引っ張られていたのかもしれません。
でてくるフレーズがギター本体に引っ張られるってのは本当にあるのですよ。
だから、新しいギターを手に入れた時はまず「ギターに引っ張られ過ぎないフレーズが出てくるまで弾き込む」のが重要なのです。僕は。


やっぱり、リフだけなりちょっとしたフレーズなり、何かしら素材を用意してからにするべきですね。
次回からはそうしよう。

あぁ、結局曲として形になった物はできませんでした。
CD-R持って行ったのに音源も録っていません。
ちょっと「録っておけばよかったかなー」と思うものもありましたが、自分的に目新しいフレーズが出てきたわけではなかったから、惜しい気持ちが強く残るようなものは特になかったので。
正直音出して遊んでるような時間の方が多かったしなー…。


コメントありがとうございます!丁度ついさっき頂いたばかりの拍手レスです。
>そんなときこそ脇差ですよ!実物大のものがあるとヤッパリ違いますよ!
脇差…実はちょっと前に模造刀で脇差を中心に集めてみようかと思った時があったのですよ。
でも模造刀の界隈だとどうにも脇差はバリエーションが乏しくて、結局実行に移すことはなかったのですが。
実物はやっぱり欲しいですね。刃紋とか肌目とか本物ならではの部分をしっかり観察したい。
ヤバイ…何この「後は買うだけ」みたいな流れ…

明日は血を抜きに行こう

どうも、しろまつです。

先週は何だか不本意な寝方をしてばっかりだった気がします。
いわゆる寝落ちというやつですか。
布団かけてなくても寒さを感じずに寝ていられる気候に乾杯。

でも、掛け布団を少し減らしたとは言え、さすがに冬用の装備のままでいるような時期じゃなくなってきたので、今までよりももう一歩寝具を夏用装備に近づけました。
冬用の敷布団シーツを夏用に。
寒さに弱い自分、梅雨寒に対する警戒は今だに解いていないので、掛け布団はまだ夏用じゃありません。
まぁ正直暑くて寝てる間に剥いでることが多いんで、変えちゃってもいいとは思うんですがね。


コメントありがとうございます!拍手レスです。
>やっぱりしろまつさんは中古の無銘でも一振買ったほうが…
実を言うと、最近ではかなりそんな気持ちが強めになってきてます…。
一頃は許可だ何だの面倒くささに二の足踏んでた僕ですが、ちょっと調べてみると日本刀の所持に関するアレコレって思ってたよりもハードルがかなり低いみたいで。
後はまぁ…手入れの問題ですかね。
とはいえ、うちの父ちゃんも真剣持ってるけど、一年間を通して見てもそんな頻繁に手入れしてる様子もないので、気負うほどのものでもなさそうなんですけどね。
……あれ?金銭面以外の条件がほぼ揃って………

二次元刀

アニメ、漫画、ゲームと言った所謂二次元界隈に多く見られる鍛法。
刀身は二尺三寸程度の一般的なものから、五尺以上はあると思われるほどの長大なものも少なくない。
身幅の広い豪壮な作りで、中反りまたは無反りの作が多い。
刃文は直刃、または湾れに互の目、尖り刃を交えたものが多く、刀身に棒樋が入ることもある。



…まぁ、じつに根性の悪いマネだとは思いますが、
たまたま手元に日本刀の事典があったので、そこに記載された刀工の説明書きのように二次元界隈で描かれることの多い刀のパターンを分析してみたくなったのです。
勉強始めてからまだ日が浅いので、色々カン違いしてるかもしれませんが。


どうでもいい話ですが、年度末の繁忙期からずっと止まっていたドキドキプリキュア
今日からようやくまともに録画の消化を始めました。
正直スマプリほどの気乗りはしていなかったのですが、見てみるとちゃんと楽しめるもんですね。
ほとんど放映開始以来ずっとたまったまんまなので、まだ追いつくには先は長いです。

今日だけで二~三話くらい一気に見たのにまだまこぴーは仲間になってないよ!

自分の曲でライブしたいなぁ…

どうも、しろまつです。

珍しくサイトを更新しました。
リンクに「流転の竪琴弾きブログ」さまを追加しました。
音楽仲間の流転の竪琴弾きさんのブログです。
音楽は勿論、漫画に対する造詣も理解も深く、合うたびに良い感じに刺激をくれるお人です。
去年六月には一緒にライブもさせてもらいました。
(詳細…http://diary3.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/gagyou/?Y=2012&M=6&D=26)
実は一昨日あたり、日記書き終った後にリンクを済ませていたのですが。



コメントありがとうございます!拍手レスです。
>5分前ならいいじゃないですか!手書きして何度スレッドがありません、が出たことが…
手書きに挑戦して、うまくいかなくて何度めかのリテイクで、何となく気になって一応F5押してみたら、とっくにそれまでの話しは終わって別の話題になってたり、いつもどおりアナログ描きしたらしたで、描き終わった頃にはスレが落ちてから20分以上たってたり…
僕も基本的にそんなんばっかりですね。
予めストックしておいたものでもなければそんなストーンと上げたりできないです…。

そのことも含め、もっとスピード上げて書きたいなぁと思うしだいであります。


んで、それを目指して、前回上げた教官のようにペインターでザカザカやってみようと思い、昨日なぞはイラスト入りで日記上げるべくザカザカやってみたのですが、

結論としては、結局やっぱり今までどおり線画まではアナログでやった方が良い。という事になりました。
いや、「なれてないから感覚がつかめない」とかそんな話ではなく、
まぁ確かになれてないから感覚はつかめてないのですが、
なんか自動更新とかで不意に重くなってペンタブが反応しなかったり鈍くなったり、そういう機械の方の理由で自分にブレーキかけられちゃうのがどうにも耐えられないんですね。
色塗りとかだけならまだギリで許せるんですが、線画でそんな事態になられるととてもガマンがなりません。
「そんなソフト変えちまう」とか「pc軽くする」とか「容量ふやす」とか色々あるとは思いますが、現在そこまでしてデジタル移行するつもりもありませんし、当分は「線画アナログ、仕上げデジ」というスタンスが崩れることはないと思います。
普通にラクガキ程度ならフルデジタルでするかもしれませんが。

…たかがラクガキでも「フルデジタル」とかいうと何だかすごいことに聞こえる気がする。

あぁ、カテゴリってこうやって決めるんだ…

どうも、しろまつです。
タイトルはその時思ったことを書いていこうと思うので、日記本文と関係あるかないかは場合によります。


コメントいただいたので拍手レスです。

>サイドバー便利だけど緑と黄色で配色バランスが悪い罠!
まぁ突発で思いついた結構な突貫工事な上に、テンプレで用意されていたものの中には良い感じの色合いが見つからなかったもので…。
緑系と言うだけなら有るには有ったのですが、知り合いのブログのデザインとまるっきり同じものになってしまうのでやめました。
そのうちちょっと手を入れるかもしれません。僕がこの配色バランスに耐えられなくなったら。


自分でタグ打ちしなくても文字の色変えられるんだ!すげえ!
あぁいや、すいません。コッチの話です。


教官ー
img095.jpg
自分のイラストを入れているフォルダに中身思い出せないペインターのデータがあったから開いてみたら、線画だけザカザカ描いたまま忘れていた教官があったので、せっかくだから色塗りました。
いつものスレに持って行ったらスレが落ちる5分前だったので、果たしてどれだけの人の目に触れたのか気になるところではありますが…。

ピクには毎度のようにまとめて上げます。

もひとつテスト

折しも先日、僕の携帯がスマホになり、このブログの案内に「スマホからも書き込める」って書いてあったので、せっかくだから試しにやってみます。

まあ前の日記でも携帯からの書き込みはやっていたから、ネットに強くなったスマホができない道理はないので、テストするまでもないのですがね。

誤字が増えそうだから、あんまりこっちからは書き込みたくないなぁ…。

再始動

何だか色々と思うことがあったので、サイトの改装&雑記をブログにしました。
機能のほとんどをよくわかっていないまま使ってるので、色々とおかしなこととかもあるかと思いますが、とりあえずやってみようと思います。

rakugaki013.jpg
絵の貼り付けが以前の日記よりも自由になったっぽいので、ツイッターに上げたなんとなくの一枚でテスト用に貼り付けてみます。

てすと

てすとです
プロフィール

しろまつ

Author:しろまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR