ふつかよい

どうも、しろまつです。

先日姉夫婦に第二子が誕生しました。
昨日はそのお祝いと称して、姉貴の旦那さんと兄貴と僕の三人で今朝の4時半くらいまで呑んでたので、今日は昼の2時過ぎくらいにゴソゴソ起きだしてからずっとぐったりしてました。
頭は重いわ腹はグニャグニャで吐き気がずっとつきまとってるわで、こんな二日酔いらしい二日酔いは多分初めて。

金曜の夜はなぜか急に思い立って映画見ちゃうし、昨日はそんな調子だしで、ロクにペンを握ってないヤバイ。

あ、ベースは弾きました。昨日の日中。
アイアン・メイデンの「wrathchild」は弾いてるとメチャメチャ気持ち良くてうっかり本気でベースに転向したくなりました。

こんな曲→IRON MAIDEN - The Ides of March + Wrathchild


拍手レスです。
>次はドラム…!?
置き場があればドラム欲しいですねー…。
電子ドラムだったら音量の問題もクリアできるし。
ドラムの置き場があればその周りにギターやらベースの機材なんかも集めて…
そうなるとそのスペースは防音にする必要があって…
そこまでやるんなら録音機材も必要だし…

…これスタジオだ。

スティーブ・ハリス ジョーイ・ディマイオ 柴田直人

増税前にデカい買い物は済ませておこうという月並みな気持ちに駆られて

昨日買ってきました!
DSC_0038.jpg

ベースです。
G&L製のL-2000。かなり豊富な音のバリエーションをもった遊べる一本です。

コレ、楽器屋でバイトしてた頃から「自分でベース買うならこいつだな」と考えていたもので、「いつか買おう」「いつか買おう」と思いながらも、「ギターでさえ普段からマトモにさわれてないくせにベースに浮気してる場合か?」と言う気持ちが先に立ち、結局今回の増税騒ぎに背中を押されるまで踏み出すことができませんでした。

実際、買った今でも「どれだけ触れるだろう?」という気持ちは燻っていますが、違う楽器だから弾いていて新鮮な感覚が単純に楽しいし、フレーズのアイディアの出方なんかもギターとはまるで違う発想が湧いてくるので、純粋に「買ってよかったなぁ」と思えています。

うちにはギターアンプしかないためベースを鳴らすアンプがないので、35Wくらいのアンペグのベースアンプも一緒に買いました。
10代の頃と違ってさすがにアンプを御茶ノ水から自宅まで持ちかえる元気は無かったので(一人だったしね)、発送にしてもらったアンプは明日届く予定です。

依頼のもの

どうも、しろまつです。
ここ数日は友達から引き受けたイラストに注力していました。


ハープの弾き語りで都内で精力的にライブ活動している「流転の竪琴弾き」さんの、ライブ告知用フライヤーを描かせて頂きました。

当初は絶対冗談かと思ってたんですが、話を聞いてるうちにどうやら本気らしいという事が分かり、でもやっぱり気になったんで
「俺みたいなアニメや漫画くさい絵でライブ告知のフライヤーに使えるのかい?」
と聞いてみると
「むしろその方が良い。ライブハウスとかに貼ってあるフライヤーはどれも同じような感じで面白くないから」
といわれ、確かにそういうものの中に自分の絵がひょっこり混ざるのも面白そうだと思い、やらせて頂くことにしました。

描くにあたってむこうから言い渡されていたのは、まず
・バンド名が入ってること
・ライブ告知を書きこむスペースがあること
で、それを踏まえつつ
・好きなように描くこと
の三つ。

方向性を決めるために「何かイメージと言うかリクエストはある?」と聞くと、「エルフでエロく」といわれ、居酒屋でミーティングしながらイメージを具体化。

折々で何度も
「必要とあれば出したリクエストは全部忘れてもらっても構わない。何かに遠慮して手が縮むようならその方が嫌だ」
と言ってくれたので

ええ、好きなようにやらせて頂きました。リクエストの方向性にそった上で。
rt.jpg

個人的な反省点というか心残りは、アタリのラフからそのまま本描きしちゃった画面上の仮面と手をもっとしっかり描き込んだらよかったなーと言うことと、トーンの削りとかがほとんどできなかったことくらいですが、依頼主の流転さんに見せたところ、さすがにリクエストに「エルフ」と言ってくるだけあって、押さえるべきエルフのポイントについて色々ご指摘を頂きました。
すいません。僕はクイーンズブレイドからのにわかエルフ好きです。『ロードス島戦記』読んで出直します。
とはいえかなりの勢いで喜んではもらったので、今回の依頼はひとまず成功という事になるようです。


つい今しがた流転さんのライブが終わったそうで、さっそく使ったフライヤーの反応を教えてもらったのですが、けっこうな好評だったという話でかなりホッとしております。
女性客は引いていたそうですが。そうだろうよ。

最近のしろまつ

どうも、しろまつです。
まだ生きてます。

最近はまたうじうじと漫画描いてるので、一日のうちで自由に使える時間の少なさに頭を悩ませています。
いやまぁ、性格上自由に使える時間があればあるほど怠けやすいので、もしかしたらこのくらいが丁度良いのかもしれませんが。
土日の休みのうち土曜の方は大体日中寝ちゃってるし。
いやこれはちゃうねん。平日の睡眠不足分の帳尻を合わせてるんであって…


先日、今描いてる漫画のネームを友達に見てもらって感想を聞いたのですが、目からウロコどころか魚まるごと出てきそうなレベルの意見をモリモリもらえて、すでに人物の下書きが全部入った段階の原稿を描き直したい衝動に駆られてます。
そんなことやり始めたら間違いなく終わらないだろうし、ここまでやって一からやり直すってのも正直億劫であるという事もあるので、意見は次回に生かす形で、今回のこれはこれとして完成させちまおうとは思ってますが。
あんまり自分自身予想外だったり本気で悔しくなるような面白いネタを色々もらったので、今度からこの友達に意見もらう時はアイディア出しの段階から相談しよう。


落語は面白いですねぇ。最近は本当に作業のお供は落語メインですわ。
父親の蔵書の中に古典落語を話し言葉のまま収めた本があったので、借りてきて試みに手元のハンディレコーダーで喋ってみたのですが、あまりの自分の語りの稚拙さに愕然とすると同時に、噺の難しさと噺家のすごさを改めて感じ入った次第でございます。
よく、蕎麦をすすったりタバコ吸ったりといったパントマイム的な部分が感心ごとの対象になりやすいですが、普通に演じ分けて語るだけでも本当にすごいことですよ。
CDで聞いてると、一人の人間がしゃべってることを忘れる瞬間が何度ある事か…。

新宿の紀伊国屋のCD売り場がやけに落語関係充実してると思ったら、考えてみたら新宿と言えば末広亭があるんだね…。


拍手レスです。
>次は椿三十郎ですねもうすぐ四十郎とかそろそろ笑えなくなってきました…
実際あの日の翌日は椿三十郎、さらにその翌日は羅生門で、三夜連続黒澤明でした。
用心棒、椿三十郎は、仲代達矢が当時新人でありながらも堂々とした演技と剣呑な雰囲気で良いですねー。
羅生門は個人的には好きな黒澤映画のTOP3には確実に入ってるんですが、あんまり「好き」って人見かけないんですよね…。
あとおたがい年齢についてはスルーの方向で…。


あと、先日カラオケで初めてまともに歌って以来、最近は谷山浩子熱が再燃中。
それにしてもこの人のCDはお店で探しても全然見つからないね…。
また尼のお世話になるかなぁ…
プロフィール

しろまつ

Author:しろまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR