最近のしろまつ

どうも、しろまつです。
まだ生きてます。

最近はまたうじうじと漫画描いてるので、一日のうちで自由に使える時間の少なさに頭を悩ませています。
いやまぁ、性格上自由に使える時間があればあるほど怠けやすいので、もしかしたらこのくらいが丁度良いのかもしれませんが。
土日の休みのうち土曜の方は大体日中寝ちゃってるし。
いやこれはちゃうねん。平日の睡眠不足分の帳尻を合わせてるんであって…


先日、今描いてる漫画のネームを友達に見てもらって感想を聞いたのですが、目からウロコどころか魚まるごと出てきそうなレベルの意見をモリモリもらえて、すでに人物の下書きが全部入った段階の原稿を描き直したい衝動に駆られてます。
そんなことやり始めたら間違いなく終わらないだろうし、ここまでやって一からやり直すってのも正直億劫であるという事もあるので、意見は次回に生かす形で、今回のこれはこれとして完成させちまおうとは思ってますが。
あんまり自分自身予想外だったり本気で悔しくなるような面白いネタを色々もらったので、今度からこの友達に意見もらう時はアイディア出しの段階から相談しよう。


落語は面白いですねぇ。最近は本当に作業のお供は落語メインですわ。
父親の蔵書の中に古典落語を話し言葉のまま収めた本があったので、借りてきて試みに手元のハンディレコーダーで喋ってみたのですが、あまりの自分の語りの稚拙さに愕然とすると同時に、噺の難しさと噺家のすごさを改めて感じ入った次第でございます。
よく、蕎麦をすすったりタバコ吸ったりといったパントマイム的な部分が感心ごとの対象になりやすいですが、普通に演じ分けて語るだけでも本当にすごいことですよ。
CDで聞いてると、一人の人間がしゃべってることを忘れる瞬間が何度ある事か…。

新宿の紀伊国屋のCD売り場がやけに落語関係充実してると思ったら、考えてみたら新宿と言えば末広亭があるんだね…。


拍手レスです。
>次は椿三十郎ですねもうすぐ四十郎とかそろそろ笑えなくなってきました…
実際あの日の翌日は椿三十郎、さらにその翌日は羅生門で、三夜連続黒澤明でした。
用心棒、椿三十郎は、仲代達矢が当時新人でありながらも堂々とした演技と剣呑な雰囲気で良いですねー。
羅生門は個人的には好きな黒澤映画のTOP3には確実に入ってるんですが、あんまり「好き」って人見かけないんですよね…。
あとおたがい年齢についてはスルーの方向で…。


あと、先日カラオケで初めてまともに歌って以来、最近は谷山浩子熱が再燃中。
それにしてもこの人のCDはお店で探しても全然見つからないね…。
また尼のお世話になるかなぁ…

Post a comment

Private comment

プロフィール

しろまつ

Author:しろまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR