唐茄子屋

どうも、しろまつです。
タイトルは今回の原稿作業中によく聞いていた落語の演目です。
「圓生百席」はスタジオ録音なので人によって好き嫌いが分かれるとは思いますが、こと人情ものにおいてはライブ形式よりこっちの方がじっくり聞きこめて個人的には良いです。
寄席でやる時はどうしても時間の都合上長い話は省略してしまうことが多いので、それを完全なフルセットで聞けるというのもポイント高いと思っています。
まぁ僕も基本的にはライブ録音の方が好きではありますがね。同じ話でもキャラクターの印象や話のノリが録音ごとに全然違くて面白いし。

あと主にマノウォー聴いてました。
日本公演見に行ってからマノウォー熱が上がりっぱなしです。最近は隙あらば「Hail!」とか「Kill!」とか言ってます。

前回の書き込みでお話ししたように、今月初めにめでたく一本脱稿したわけですが、これまでの経験上ここでサボるとまたズルズルと怠惰の泥濘にはまるのはわかっていたので、今回の原稿のために一端中断していた個人的な原稿を、脱稿した翌日から再開しました。

とはいってもコレ、今年の春の終わり~夏のはじめあたりから作業してたもので、下描き全部上がったくらいの段階で調子に乗って友達にネーム見てもらって感想もらったら嫌なところがたくさん目について、かといって描き直そうにもここまできて描き直す気にもなれず、マトモに進めてたとは言い難いようなペースでダラダラやっていて、ペン入れ半分くらい終わった時点で正直全ボツにしようかと思ってたもので、今回の漫画一本描き終えて手が温まってて精神的にも描くモードに行っている今やらないと多分これは二度とやらないと思って描いているものなので、決してほめられたものでもないんですが。
今やってるこの原稿は「はっきりと終わりの形に持っていく」という事だけに焦点置いて描いてるので、頭の中はもう「構想だけはある次の漫画をネームから完成までどのくらいの日数で終わらせられるか」という事ばかり考えてます。

今回寄稿した漫画で、ちゃんとある程度の見通しをつけていれば日常生活に支障をきたさず漫画を描くことは十分可能であることはわかったので、あとはどれだけ時間を有効に使い、且つ短縮できるかにかかっています。

これが5年くらい前にできてりゃよかったんですがね…まぁいいや。

拍手レスです。
>しばらく見ない間にずいぶん可愛い絵に…!?
おぉうマジですか!ありがとうございますー!
あれは今回寄稿したものの一つで「デフォルメしたキャラクター」という依頼の元に描いたもので、単純に頭身下げただけみたいな感じになってやしないかと自分では思ってましたが、そう感じて頂けたなら重畳です。


追伸
「春の終わり~夏のはじめあたり」とか言いましたが、いま日記さかのぼって調べてみたら3月の話ですね。
いくらダラダラペースで、折々でイラストの寄稿とかあったとはいえ、たかだか8pにどんだけかかってんだ自分・・・

Post a comment

Private comment

プロフィール

しろまつ

Author:しろまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR