蕎麦食い

どうも、しろまつです。

食事というものは大切なもので、どなた様でも「食事をしない」という方はいらっしゃらないかと思います。
食べなけりゃ死んじまいますから。
主食とよばれるものはだいたいにおいてお米やパン。そこに蕎麦やうどん、ラーメンなんといういわゆる麺類が加わってきます。
私はこの麺類がけっこう好きなもので、隙を見ちゃあいろんなお店に入って食べるなんてことをやっております。
まぁ一番好きなのはお米ではあるんですが、あれはどうしたって自分の中じゃ一番の座を揺るがない別格なので。

ひところはラーメンに焦点絞って色々食べてたんですが、最近はどうも以前ほどラーメンを頻繁に食べたいと思うことも少なくなってきたので、近頃はもっぱら蕎麦かうどん、とりわけ蕎麦のほうに意識がいっております。
もっとも、あたくしが主に伺いますのは俗にいう「立ち食い蕎麦」の類で、うっかりくしゃみもできないような立派なお店でセイロ一枚千円もするような大層なものを食べようなんて気はまるでございません。
高い金を出しゃあうまいものが食えるのは当たり前ですからね。高い金払ってまずいもの食わせるなんてのは詐欺といいます。
「いかに安く」「いかに美味く」というものを探すから楽しいのです。安いから方々を回ることもできますしね。

「蕎麦を食う」なんていうと、いわゆる蕎麦通とよばれる方々が色々なことを言っているのをイメージして、さぞかし面倒なものなんだろうとお思いになる方もいらっしゃるかと思います。
やれ
「つゆにドブづけするな」だの
「あまり噛まずに食べろ」だの
「薬味はでたらめに入れるな」だの
「月見の卵はつゆに溶くな」だのと。
あれらは結局「蕎麦を一番おいしく食べられる食べ方」らしいのですが、おいしいと思う食べ方なんて千差万別なんであまり周りがとやかく言うことでもないと思います。
どういうわけか蕎麦通という方にはおせっk・・・ご親切な方が多いようで、セオリーにそぐわない食べ方をしている人がいると眉をひそめてため息交じりに教えてくださったりします。
頼みもしないのに指導教官がついて蕎麦を食う講習がはじまってしまう。
教習所で運転の楽しさに目覚める方が少ないように、こんな状況で食べたっておいしい蕎麦がおいしいわけがございません。
第一、たとえば手違いで蕎麦がつゆにドブづけの状態になってしまったり、月見蕎麦の卵が溶けちゃったりしたらあの方たちはどうするんでしょうね。
まさか捨てやしないと思いますので(よしんばそんな人がいたら蕎麦通云々以前の問題です)、「あーあーやっちまったー」なんて思いながらまずそうに蕎麦をすするんですかね。
それで「まずい」と思うなら九分九厘くさくさした精神状態のせいだとあたくしは思いますが。

それに精通した人を「何々通」と呼ぶのなら、通を名乗る以上はたとえ蕎麦がどんな状態になってても、その時一番おいしい食べ方を心得ているべきであると思いますし、少なくともせっかくの好きな食べ物なのだから喜びをもって召し上がるべきだと、それができる人を本当の「通」と呼ぶべきだと思います。

あたくしも一応自分なりにおいしいと思える食べ方を心得てるつもりですし、それがいわゆる「蕎麦通の食べ方」に符合してる部分もいくらもありますが、かといって蕎麦通と呼ばれるほどたいそうな意識も持っておりませんし、ましてや人様にレクチャーしようなんて口幅ったいマネをする気もまるでないので、あたくしはただの蕎麦食いです。

Post a comment

Private comment

プロフィール

しろまつ

Author:しろまつ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR